すきっ歯

すきっ歯について

歯の本数が足りなかったり、歯と顎の大きさがあっていないために歯と歯の間に大きな隙間が空いてしまう状態です。

ページの上部へ

症例1

8才女児の症例です。歯と歯の間の隙間と、上の前歯2本が前に出ていることを主訴として来院されました。学校ではビーバーちゃんというあだ名だそうです。


口元も前歯2本が目立ってあまりよいとはいえません。


約8ヶ月後の第一期治療終了時です。歯と歯の間の隙間、歯の出っ歯も同時に改善されております。

ページの上部へ

症例2

8才男児です。この症例も正中離開ですが、上顎左右前歯の歯根の間に正中過剰埋伏歯があるために開いている症例です。正中埋伏過剰歯を抜歯後、矯正治療に移行しました。


約8ヶ月後、第1期治療終了時の写真です。きれいに正中離開が改善されています。

ページの上部へ

症例3

10才男児、上顎前歯に全体的に空隙がある症例、笑うと前歯部の空隙が目立ちます。


6ヶ月後の状態、この後永久歯の萌出を待って、全体的に改善していきます。

ページの上部へ