八重歯・叢生

八重歯・叢生について

顎と歯の大きさのアンバランスによる不正咬合で、最近のお子さんは食べるものが柔らかくなった関係上、咀嚼筋の使用が弱く、顎の発育がよくないお子さんが多発しております。通常前歯が大きければ、他の歯も大きいのが普通です。上顎の犬歯は通常最後に歯列に萌出しますので、その際に萌出スペースが不足していると、歯列外に飛び出してきます。これを通称、「八重歯」といい、欧米ではドラキュラの歯と言って大変嫌います。

ページの上部へ

症例1

上顎の歯列 同じ患者さんの下顎歯列

8才女児で、上顎左側の前歯の重なりを主訴として来院されました。一番目の歯の丁度裏に2番目の歯が生えてきています。見た目が悪いだけでなく、虫歯にもなりやすく噛み合わせも悪くなります。このようなお子さんは、顎と歯のおおきさのバランスが崩れているので、下顎前歯も同じように重なりがあります。まだ側方歯は萌出していませんが、このようなお子さんは、臼歯部の歯の大きさも大きいのが普通です。


約10ヶ月矯正治療後の上下歯列の状態です。歯の重なりが上下歯列ともに改善され、見た目もよく、噛み合わせも正常に戻りました。歯も磨きやすくなり虫歯の予防にも結びつきます。

ページの上部へ

症例2

10才男児の症例です。

左の写真は混合歯列期後半に上顎左側犬歯が萌出してきた状態で、歯列にスペースがないので八重歯になってしまった症例です。犬歯の萌出とともに前歯の2番目の歯が舌側に押し込められています。
右の写真は矯正治療途中ですが、歯の重なりは改善されつつあります。

ページの上部へ

症例3

左の写真は、8才女児の初診時です。前歯のねじれと重なり、歯の出っ歯を主訴として来院されました。会話時や笑ったときにこの曲がった前歯が人の目に飛び込んで学校でからかわれるために本人もお母様も相当気にしておりました。右は、矯正治療第1期治療終了時の写真で、約8ヶ月の治療期間でした。上下歯列の咬合も正常化し、食事もおいしく食べられ、見た目もよくなり満足しておられます。

ページの上部へ