床矯正

床矯正について

床矯正装置はワイヤー矯正治療のあくまで補助治療として使用しますので、床矯正治療のみで完全に正しい歯列と咬合が得られる症例はごくまれです。なぜならば床矯正装置の欠点は、顎・歯を一定方向にしか移動できないことあり、細かい移動や、微調整がしにくいところにあります。
しかしながら、乳歯列を中心として限局的な矯正治療や予防的に矯正治療という観点に立ってみると、その治療時期、治療方法、使用時間等適切な場合有効な手段として使用しますが、乳歯列もいずれ永久歯列へと変化していく過程で、床矯正装置では治すことができない歯の三次元的な移動が必要となることがほとんどです。床矯正装置は乳歯列のお子さんを中心として、ごく一時的に効果を発揮しますが、いずれワイヤーによる三次元的な正確な歯の移動を行った方が歯自体の寿命や、正しい上下の咬合を得られるために、必要な患者様には院長が詳細についてお時間を取り説明するように努めております。

また、最近の矯正相談でよくある相談が、長年床矯正をしているが、いっこうに治らないという親御さんからの相談が多いようです。床矯正という治療は取り外しのできる入れ歯のような矯正装置で、安価をうたい文句に飛びつく患者さんが多いのも事実です。
この矯正装置は上記のようにその利点欠点を十二分に理解して使用すれば効果的ですが、矯正治療の経験が少ない先生が、何でもかんでも床矯正治療で治そうとするので床矯正装置で治らないと困惑している患者さんが増加しているようです。けしてすべての患者さんに適応できる装置ではないことも患者さんの知識としてもっておられることを強くお勧めいたします。

床矯正装置を使用する場合は、患者さんの適応症をきちんと見極め、選択して使用しないと大きなトラブルとなってしまうのです。
床矯正治療が今のような状況で野放しに普及し続けると、矯正治療は低レベル治療しかできないという図式になりかねません。安く簡単という理由だけで、治療を決断するのは考えなくてはなりません。

ページの上部へ