不正咬合

乳歯歯列期

この期の矯正治療の対象となる不正としては、反対咬合、交差(交叉)咬合、開咬(習癖に原因する)が主なものとなり、予防矯正の範疇に入れられるものであります。

詳細を見る

混合歯列期

この期は、正中離開、反対咬合、下顎前突、上顎前突、前歯部叢生が主なものになっています。

詳細を見る

  
  

永久歯列期

成人において補綴処置や歯周処置に先立者は意外に多いと思われます。

詳細を見る

ページの上部へ