当院で使用する矯正装置

矯正装置の種類

当院で主として使用する矯正装置の一部をご紹介致します。他に多くの種類の矯正装置があり、これらは患者様の症状や年齢によって最適かつ効果的な物を選択して使用して頂くこととなります。
下記に掲載する装置はごく一部ですが、このような全体的な装置は、正確な歯の移動や、正確な咬合関係の樹立には必要不可欠な物となります。
床矯正装置ですと二次元的な歯の動きとなりますので、三次元的な歯の移動はほとんど不可能となります。術後の後戻りも非常に少なく、現在考えられる矯正装置の中では最良であると言っても過言ではありません。したがって当院ではこのような装置による本格的な矯正治療を推奨しております。
現在材質の違いによりさまざまな装置が出ておりますので、患者様のニーズに合わせて選択しております。

ページの上部へ

インビザライン

インビザライン

この装置は全くワイヤーを入れないで治す、マウスピース型のインビザラインという装置です。特徴としては審美的に大変優れ、発音も阻害されず、極自然な感じで矯正治療を終えようとす装置等が挙げられます。口に入れたときの違和感が少なく、治療開始時の一時的な痛みもほとんどありません。患者さんの快適性を主体として開発された装置です。これはコンピューターのCAD/CAMの技術を応用した最新式の装置ですが、一日20時間程度の装着が条件となります。当院では非抜歯症例、抜歯症例ともに多くの働く女性に好評です。

インビザラインの詳細はこちら

(製造も材料もすべて米国製)

その他の、インビザラインタイプの装置として、クリアライナーやアソライナーといった純国産のものもあります。こちらは非抜歯で主として前歯部だけの限局矯正として使用しております。見た目はインビザラインとほぼ同じです。
(製造、材料ともに日本製)

ページの上部へ

裏側矯正(リンガルアプライアンス)

裏側矯正(リンガルアプライアンス)

裏側矯正(リンガルアプライアンス)

この装置は裏側矯正(リンガルアプライアンス)といって全く表側から見えない装置です。どうしても見えるのは我慢できない方に好評ですが、多少舌にあたるので患者さんによっては発音が多少おかしくなる人もいるようです。(個人差有り)

歯の裏側にすべての装置が入ります。この装置は全く見えないといっても過言ではないと思います。主として働く女性、見えては困る職業の方が多いようです。
(ブラケット米国製、ワイヤー米国製)

ページの上部へ

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

ごく最近、開発されたホワイトワイヤーです。表側のワイヤー装置の中ではもっとも目立ちにくい装置です。日本でも最近爆発的に普及しつつあります。
(ブラケット米国製、ホワイトワイヤー米国製となります)

ページの上部へ

セラミックブラケット

セラミックブラケット

最近ではセラミックブラケットといって目立ちにくいブラケットが当院でも主流となっております。セラミックは化学的に非常に安定しており、治療期間中有に変形変色することはなく、患者さんにも非常に好評です。(但し喫煙者は多少スモークがかかった感じになる方もいます)
(ブラケットは米国製、ワイヤーは日本製となります)

ページの上部へ

金属の矯正装置

金属の矯正装置

これは従来からある金属の矯正装置、ワイヤーもブラケットも金属ですので多少審美的に問題があるかもしれません。女性には目立つために敬遠する方もおられます。
(ワイヤーもブラケットも日本製です)

ページの上部へ