初診の流れ

1、初診相談

実際にお口の中を拝見し、患者様の主訴、悩み希望、要望などについて詳しくお聞きし、専門医としての治療法や矯正治療の開始時期、治療期間、治療費用の概算をお見積もり致します。お時間は30分から60分程です。
御電話でご予約下さい。初診相談は無料で行っておりますので、お気軽にどうぞ。

ページの上部へ

2、精密検査

口腔内写真、顔面写真、口元の写真、歯や頭部や顎のレントゲン写真、歯型の採取などの治療計画立案に必要な資料をお取りします。症例により顎関節のレントゲン撮影や顎運動の検査をいたします。お時間は約30分から40分程です。

※ 治療につきましては、ご相談のみでも承ります。お話を聞かれた上で、検査をご希望される場合はそのまま精密検査へと進ませて頂きます。又は、検討されてから後日行う事も出来ます。

ページの上部へ

3、矯正診断

精密検査で採取した情報を元に、不正咬合の診断、成長予測、治療時期、治療期間、治療方法、治療費用についてご説明いたします。患者様によっては治療方法について選択肢が複数ある場合がありますが、ご自分の希望に合わせて矯正専門医としての治療の方法や方針について、患者様が納得されるまで何度でもカウンセリングいたします。
当院ではインフォームド・コンセント(正しい情報を得た(伝えられた)上での合意)を重要視しており、すべての治療の説明に御納得された上で治療開始となります。 なお時間は平均30分から1時間です。
また、治療を進める場合、当院では矯正治療確認書という確認書を発行いたします。治療の内容や費用について記載した文書を取り交わせますので、安心して最後まで治療が完了するように配慮しております。

ページの上部へ

4、装置装着

動的治療開始(実際に歯を動かすこと):診断での治療計画に沿って進めていきます。通院は、1ヶ月に1回です。

ページの上部へ

5、保定装置装着

歯の動的治療を終了し、正しい噛み合わせや、綺麗な歯並びが安定するまでリテーナー(固定装置)という取り外し可能な装置や、歯の裏に接着するプレートを装着し周囲の骨が固定するまで動的治療期間と同じ位、保定装置を使用致します。
通院は3ヶ月に1度、定期観察し治療後の安定性や虫歯のチェックを行います。この保定も重要な矯正治療の一環で、きちんと保定装置を使用して頂かないと後戻りの原因となる場合があります。

ページの上部へ

年齢や症状に伴う矯正治療の流れ

乳歯列での治療(5才くらいまで)

予防矯正の概念に従い、症状が重い場合、この年齢でも治療を開始いたしますが、まだ複雑な装置が使用できないため、取り外しができる矯正装置などで口腔周囲筋のバランスを整え、反対咬合などの上下の顎の骨格的なズレを治すためにチンキャップという装置を使用します。

混合歯列期(6才から11才位)での第1期治療

限局矯正治療の時期となりますので、不正咬合を放置することにより症状が悪化するケースの場合、抑制的な意味合いを含め、現在悪いところを改善し正常な顎の成長や歯列の成長を促すような治療を行います。必要に応じて骨格的な不正がある場合はなるべくこの時期に少しでも改善しておくと、その後の治療が非常に良好な結果が得られるようになるからです。
通常1年から1年半くらいの治療期間になります。

永久歯の第2期治療(12才ごろから)

すべて永久歯に生えそろった後に行う治療で、本格的矯正治療となります。歯並び・噛み合わせを治し、正しい咬合、きれいな歯並びとなり生涯を送ることができます。 歯が大きくて歯が並びきらない患者さんには、抜歯が必要となる場合や、上の歯が前に出ている患者さんには矯正用のインプラントを植立して歯を効率的に移動する方法もあります。
通院は通常月に一度、インビザラインの患者さんは2ヶ月に一度の来院で、約1年から2年の治療期間が必要となります。(症状や状態により治療期間は個人差がありますことをご了承ください。) ※上記治療期間はきちんと月に一度来院された場合の治療期間です。

ページの上部へ